2017年10月17日

冷たい熱帯魚

食べるものに関しては保守的であまり冒険しないほうなのですが
この間、回転寿司に行ったら「おじさん」というネタがあって
見た目はふつうに鯛っぽい白身魚だったので食べてみることに。

オーダーは口頭でするスタイルで、
「おじさんお願いします」と注文したらその分でネタ切れになったらしく
「おじさん終了でーす!」と店内に響く店員さん(半笑い)の声。
お味は淡白で上品なおじさんでした◎


きょうは魚のグッドデザイン。

ef.jpg
ハートにとじこめた熱帯魚のブローチ、
3Dかと見まごう版ズレもチャームポイント♡


きょうの1曲、風街ガーデンで聴きたかった→
豪華な生演奏、一瞬映る控えメンバーの顔ぶれもすごいー
間奏で拍手する慣習なんてあったっけ?

こちらの情熱も大名曲→


posted by かおり at 12:13| Comment(0) | グッドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

Michael Horror

13日の金曜日にふさわしい、ホラーなグッドデザイン!

mj-4.jpg

アメリカのソックスブランド、STANCE のサイトには
まさにフレディーやジェイソンのデザインも。。

トビー・フーパー追悼で「悪魔のいけにえ」シリーズも作ってほしい!
「悪魔のいけにえ」は笑って観れるけど、
「悪魔の手毬唄」はこわくてトイレに行けなかった(小学生の頃)


きょうの1曲→
ともう1曲、オリジナルがなかったので→
あらためて、この投稿者さんほんとにすごいなあ。
弟曲よりも兄曲のほうがファミコン映えする気がするのは
兄が会社員時代にゲーム音楽を手がけていたから?
ファミコンアレンジでも泣ける「Drifter」…!


mj-5.jpg
不意に届いたハガキは PEANUTS なキリンジ
ありがとう♡


posted by かおり at 15:25| Comment(0) | グッドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

回り続けるレコード

すだちをたくさんもらったので
秋刀魚以外で何に使おう?と考えて。。

jm-3.jpg

シフォンケーキにしました。
レモンともゆずとも違うおいしさ、
果皮をすりおろした指先がいい匂い◎



エドワード・ヤンの『恐怖分子』が傑作でした!
途中で寝た(笑)ので寝たところまで戻ってラストまで、
あまりによすぎて続けざまにもう1回、通しで鑑賞。

何がよかったか言葉にできないのがもどかしい、
カメラマンの青年に漂う竹本孝之っぽさ?
青年の彼女の渡辺典子風薄幸美女感?
福永恵規を思わせる不良少女シューアンの瞳?
どれもイエスなのですが、
誰かに似てるようで誰か思い出せない主人公が最高でした。
回り続ける扇風機と虚ろな目。
『牯嶺街少年殺人事件』よりもこっちを劇場で観たかったー


すぐ感化されるのでアジアンな服に目がいったり
(こんな服装は出てきません)
jm-2.jpg
シューアンなら着こなせそう


きょうの1曲、先日のマッチに続く中華三昧歌謡→
ジャスミンティーは眠りを誘わないらしい




posted by かおり at 18:33| Comment(2) | おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

おんな渚町

by-2.jpg

熱海のおみやげをいただきました♡
三木製菓に和菓子部門があったなんて!
住所の渚町はナギサマチではなくナギサチョウ。


by-3.jpg

渚から港へ。。

by-1.jpg


きょうの1曲→

こういう中華三昧な歌謡曲好き→

posted by かおり at 11:38| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

SEA & HIM

sh-3.jpg


近所のスーパーのレジのみなと君、
入店当初はいろいろおぼつかなくて心配しましたが
ようやく慣れてきたようで、ぎこちなかった表情に
余裕さえ感じられるようになった夏の終わり。
(でもまだ実習中マークは取れず)

「ムーンライズ・キングダム」の真似をしたくて
というのは冗談ですが、海へーー。


sh-2.jpg
「球体」っぽいのと


sh-1.jpg
「流動体」っぽいの



きょうの1曲→
「ルナルナ」級にかっこいいベース
スピッツにカバーしてほしい

ラストのア・ロ・ハ♩のかわりに3文字入れるなら
真っ先に思いつくのは→

気をとりなおしてもう1曲→


sh-5.jpg


posted by かおり at 12:31| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

ジャズる林檎

映画「ムード・インディゴ」の予告編で流れる曲がすごくよくて(→
どんなシーンでかかるのか気になってDVDを借りたのですが
なんと本編では使われてなかった・・・!


jz-1.jpg

ずっと作ってみたかった、りんごのガトーインビジブル。
作るのも食べるのも初めてなので、これが成功なのか失敗なのか??


jz-2.jpg

りんごはジャズという品種を。
酸味しっかりで果肉かため、ケーキ向きでした◎


きょうの1曲、夢の微塵が舞う リンゴを齧る→



posted by かおり at 16:14| Comment(0) | おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

石のように弾む心

夏に聴くキリンジ「BUOYANCY」は格別。
スプラッシュ感ほとばしる「夏の光」からはじまって、
温泉街に立ち寄って台風が過ぎて最後に待つのは
頬を切るような鋭い寒さの冬、「小さなおとなたち」。
寒空の観覧車で向かい合って座るふたりをつがいのリスに例えるとか
もう天才でしかない・・・!


この夏はナスをたくさん食べました。
ナスってヘタをめくると白い肌がセクシーでいつもどきっとする。
いただきもののナスが小さすぎて可愛かった◎

ba-2.jpg


きょうの1曲、ナイスナスジャケ→


ba-1.jpg

posted by かおり at 12:01| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

a brighter summer day

名前のなかに季節が入ってるの、詩的な感じがして憧れます。

村上春樹
池澤夏樹
秋野太作
惣領冬実
(秋はセレクトミス?)

色が入るのも…って両方入ってる人がいた、赤木春恵!



その上映時間の長さ(4時間!)にひるんで鑑賞を見送り続けた映画
『牯嶺街少年殺人事件』、ようやく観ることができました。

小四が懐中電灯で照らそうとした闇=世界の究極は小明だったけれど、
本当は小明=小さな明かりに照らしてほしかったのかも。
闇に消えてしまいそうな自分を、、
なんて考えるにつけ、英題『A Brighter Summer Day』と
プレスリーの甘い旋律がまぶしく響く。

小四が言った「君の希望になる」とか、
「君を変えたい」という気持ちは確かに自分勝手だし
思い上がりも甚だしいけれど、うらやましくもある。
ちなみに小四は小学四年生ではなく中学生、まさか中二…?

映画の余韻に浸りながら、
ユニコーン「与える男」とスピッツ「ハヤブサ」を
思い出してました、どちらも思い上がりでできた名曲。


きょうの季節→
きょうの色→


牯嶺街を日本でリメイクするなら
小明役は“蒼”井優以外にないと思うのですが、
年齢的にムリでしょうか。。

posted by かおり at 14:58| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

会って話を

堀込高樹がトニセンに提供した楽曲、
タイトルでもう何があったの?って惑わせる物語性があるし
30秒の試聴だけでわかる高樹以外の何者でもないトーン、
つまり最高!


明日までですが、手に取ってみたかった
梶井基次郎「檸檬」装丁展

小川さんの装丁がかっこいいけれど、
名前が同じ白畠さんのも気になる。


きょうの1曲→


泊まってみたいな→檸檬ホテル


lg.jpg


posted by かおり at 16:37| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

猫の寒恋い

借りてきた猫という慣用句が好きなのですが、
だれか貸してくれないかなあ、猫。
借りてきた猫を傍らに、こころゆくまでなでていたい〜


vv-2.jpg


VIVETTA の秋冬がかわいすぎて卒倒しそう〜


vv-1.jpg



vv-3.jpg



vv-4.jpg


どれもいつ着るねん?ってなるし、そもそも買えない。。

きょうの1曲、VIVETTAのコレクションそのままの世界観→


posted by かおり at 19:17| Comment(0) | グッドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする