2016年07月06日

桜桃の味

cr-2.jpg

桜桃の季節に亡くなったキアロスタミ監督を偲んで
桜桃のクラフティーを焼きました。
唯一劇場で観た作品「 ライク・サムワン・イン・ラブ」が
遺作になってしまうなんて。


cr-3.jpg
アメリカンチェリーと佐藤錦◎


種を取るのがひと苦労なのですが
無心でやってると楽しくなってきて
(牡蠣の殻を剥くのもこんな感じ?)
手から滴り落ちる赤黒い果汁はホラー感を演出、
暑すぎるキッチンが少しだけ涼しくなりました。


きょうの1曲はチェリーレッドに在籍した→
(これはクリエイション時代ですね…)

先月亡くなった森岡賢さんとの共作→
sadness of things=もののあはれ

ケンつながりで、七夕前夜にぴったりな→

モーマス、大阪に住んでるらしいので
どこかですれ違ったりしてるのかなあ。
とか思ってたらアップされてた新曲→
海遊館!!!

posted by かおり at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

check my heart

週2ぐらいのかけもちバイトを探して
タウンワークばっかり見てるのですが、
持ち前のネガティヴな想像力がたくましすぎて
不安要因をどんどん膨らませてしまい
(務まらなさそう、職場になじめなさそう
制服が似合わなさそう、など)
なかなか応募には至りません。
やっぱり結局のところ働きたくないからなあ〜。

そんな中、友達とお茶しながら
なぜかチェッカーズの魅力について語り合いました。
私は凡庸にフミヤが好きでしたが、
趣味のいい、洗練された感じの子は尚之が好きだったように思う。
私のまわりではたったひとり、高杢ファンがいて
その子には一目置いていました(小学生で高杢って…)
私たちがチェッカーズに惹かれたのは、彼らが不良だったから。
仲間がバイクで死んじゃうような不良文化への憧れだったのかな。

きょうの1曲は、数ある名曲の中でも燦然と輝くこちら→
(だいぶ年下の友達には「知らん」と言われた)
TVサイズ(うちの子にかぎって!)のほうがいいなあ。


td.jpg
こういうところでチェッカーズ聴きたい

posted by かおり at 10:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

ホタルと嵐

新梅田シティで蛍が見られると聞いて行ってみたら
想像以上の大行列。
蛍に行列…なんか違う気がして退散。
いつだったか、どこかもわからないような田舎で見た蛍。
両手のひらでそっと包んだら指の隙間から光がもれて
嘘みたいに幽玄で美しかった。
蛍には電子回路が組みこまれてる?


蛍といえば思い出すのが森進一の「北の蛍」。

もしも私が死んだなら
胸の乳房をつき破り
赤い蛍が翔ぶでしょう

って、ホラーですよね?
森進一の情念(怨念?)あふれる歌唱(と、顔)もあいまって
ただただ怖いです、阿久悠先生!!



sc-1.jpg

調理法もわからないのに
カラフルできれいだから買ってきたスイスチャード。


sc-3.jpg

茎の部分、何かに似てると思って。。


sc-2.jpg

このジャケットでした。
きょうの1曲はこの中から→

サラレーベルのコンピレーション、
「パステル通りの昼下がり」という邦題には赤面するけれど
昼下がりにも夜更けにも気持ちいい。

これも好きです、兄弟バンドですから(笑)→

posted by かおり at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

mirror ball flashing magic

mb-3.jpg

絶望的なほど希望的で、孤高的で魔法的!
日常に帰っても魔法は解けることなく
だらしなく甘く溶けた夜


きょうの1曲は開演前にかかっていて頭から離れない→
この曲の歌詞にも出てくるMINOLTAの双眼鏡で
2階席から確認した王子はやはり変わらず王子で、
もはや王様の風格すら漂っていた


わりとギリギリに会場に着いたので聴けなかったけど、
この曲のヒックスヴィルバージョンもかかってたそう→
今回SEもすばらしく魔法的だったので
各公演のSEのプレイリスト…キボンヌ!


mb-1.jpg

直感と推論が一緒にある世界について考えながら
シナモンの香りのケーキを焼く(変身はできなかった)



posted by かおり at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

love is online

順番待ちしてた図書館の予約本が一気に5冊もまわってきて、
どれもそこそこ長編の読み物で、
とても2週間で読み切れる気がしない。。

tl-4.jpg

右上の中原昌也は昨年の8月から待っていたものなので
いちばんに読み始めたのですが、
面白いのか面白くないのかもわからないような面白さ。

とりあえず3冊を並行して読んでいて、
最初に読み終えたのがこちら。

tl-2.jpg

元極道である著者が、警視庁の留置場でたまたま居合わせた
ポール・マッカートニー(!)の生歌を聴いて感銘を受け、
更生を決意する…というウソのようなホントの話。
ただ読後に残ったのは
人生を変えてしまう音楽ってすごいな。
というよりは極道の世界ってすごいな。。
久しぶりに「アウトレイジ」が観たくなった。


まだ携帯電話が普及する前、
ナンバーディスプレイも存在しなかった頃に
間違い電話がきっかけで始まった恋愛を描いた
「我々の恋愛」(いとうせいこう)にちなんだきょうの1曲→
続けて聴きたいこちら→

思えばコードレスじゃない固定電話での通話は
「つながってる」のを無意識に実感できたなあ。
いまだにスマホで話すのは落ち着かない、
発した言葉が宙ぶらりんになる気がして。
電話機にカバーがかけられていた時代の
受話器の重さが懐かしい。。

tl-3.jpg

posted by かおり at 12:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

虎と乳

相も変わらず毎日届く迷惑メール。
最近多いのは差出人が微妙な有名人の名前になってるやつで、
小保方晴子さんとか川谷絵音さんとか。
堀込さんだったらうっかり開いてしまいそう。


tg-1.jpg

タイガースファンでもないのに
買わずにはいられなかったミルキー。
個包装の包み紙もタイガース仕様?
と期待したけどいつものでした。

tg-2.jpg

いかつい虎のカーディガンは天神橋筋商店街にて99円で購入。
タグには wakatsuki chinatsu 、
聞いたことあるけど誰やったっけ?
知らんけど tsumori chisato 的な?
なんて出来心で買ってしまって帰り道で気づいた…
若槻千夏!!


きょうの1曲は、タイガーとミルクから→

posted by かおり at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

ちはやぶる

bh-1.jpg


かるいリストラに遭って休みが増えたため
空いた日に働けるところを探そうと派遣会社に登録。
早速人生初のティッシュ配りに挑戦…まあまあ。
短時間ならできるかな。
続いてこれならラクそう?と応募したDM封入作業…これが甘かった!

FM802がチューニングされた薄暗い倉庫で
ただ淡々と黙々と手を動かすこと8時間。
表情筋が少しずつ壊れていくのを感じながら、
好きな曲がかかったら作業も捗って躁。
微妙な曲のときは作業が滞っ…たら怒られるので
手は止めないけれど針の進まない時計をにらんで鬱。
そんな躁鬱の繰り返し。。(ほとんど鬱でしたけど)
仕事って、働くって甘くないな〜。

ちなみにいちばん捗ってハイになれたのはPerfumeでした◎
始業すぐにかかったくるりの「ロックンロール」に感謝。
あと、青山テルマって久しぶりに聴いた(ゲストで出てた)

きょうの1曲は疲弊した身体をチルアウト→


bh-2.jpg
こちらの作品のタイトルは「Beach Houses」
▷▷▷JULIA FULLERTON-BATTEN

渚もいいなあ→

posted by かおり at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

ウディ・アレンのバナナ

今年は映画をたくさん観る年にしたいなと思いながら、
映画館にはまだ2回しか…
家でもDVDならついキリンジを観てしまう。


久しぶりにグッドデザイン、
KBKさんがプレゼントしてくれた
長場雄さんのエコバッグ◎

at-3.jpg

せっかくなのでとひっぱり出してきた
ウディ・アレンの「スリーパー」(VHS!)を鑑賞。


at-2.jpg
このシーンだけで観たくなるでしょ?


きょうの1曲は安直すぎる→


at-1.jpg
似てる〜(だいぶ若いけど)

posted by かおり at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | グッドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

秘密の桃園

cb-3.jpg


月曜の朝の雨は、今週はそんなにがんばらなくていいよー
って言ってくれてるみたいで好きです。
桜、散ってしまうかな。


cb-1.jpg
サニーデイの「東京」風、を狙ったけど見比べたら全然ちがった。。
「東京」再現ライブ、行きたいなあ。
再現ブームに乗ってキリンジもやってくれないかな。
3部制で、ファーストから「3」までを再現…死んでも行く!


きょうの1曲は、桜ソングの決定版→
桜もいいけれど、個人的には桃の花を愛でたい。


cb-2.jpg
公団と夜桜

posted by かおり at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

弾ける心のブルース

超個人的、カラオケで歌ってて泣きそうになる3大フレーズ

キリンジ「Drifter」
♩破り棄てようとすれば 後ろめたくなるのは何故だ

小沢健二「いちょう並木のセレナーデ」
♩もし君がそばに居た 眠れない日々がまた来るのなら?

テレサ・テン「つぐない」
♩お酒のむのもひとり 夢を見るのもひとり


いま思いついたのがこの3曲なだけで
いくらでもあるのですが、
ひとりカラオケでこの選曲は暗いなあ(笑)

賞レース歌番組(レコ大とか)で受賞して泣きながら歌う歌手に
「歌いながら泣くのは歌に負けてる、歌い手失格や!」
と母がいつも野次っていましたが(特に女性歌手に厳しい)
泣けるものは泣けてくるのです。


mj-1.jpg
ジュース飲むのは2人


mj-2.jpg
コーヒー飲むのは3人


きょうの1曲、これも泣くな〜→

これとか懐かしさで泣く〜→

思えばKANもレコード大賞を獲ったんだった(泣いてなかったけど)



posted by かおり at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする